iPhone人気

日本では、iPhoneが初上陸した2008年7月11日から12年が経過した今でも、スマートフォンのシェア率はiPhoneがトップを維持しつつけております。同じアジアの韓国や中国から発売されているAndroid系のスマートフォンは、世界でiPhoneよりも多く使われているのに対して、日本でのiPhone人気は以上と言われております。

iPhoneが世界でAndroid系のスマートフォンの勢いに苦戦しているのは、価格帯での弱みがあります。多くのAndroid系のスマートフォン会社では、リーズナブルな価格で発売しているモデルも多く、高級志向にシフトしたiPhoneにとっては、最初の段階で選択肢から外されてしまっているのです。また、Android系のスマートフォンも、非常に高いスペックの物も増え、コストパフォーマンス的にAndroid系のスマートフォンを選ぶ方も少なくありません。

しかし、日本はバブルが崩壊し、東日本大震災やリーマンショックなどによって不況が続いていると言われてはおりますが、先進国としての水準を保ち続けているために、iPhoneを購入できる環境が整っておりますし、携帯電話会社のキャンペーンなどでAndroid系のスマートフォンよりもリーズナブルに入手することができた過去があります。とっても便利でおしゃれなiPhoneを、多くの方が手に取るチャンスが多い国だったのです。これからスマートフォンを買い替えようと思っている方も、iPhoneの中から選んでいるのではないでしょうか?


▽ 管理人参考サイトの紹介
iPhoneユーザーが多いことで買った後のサポートが充実していることも、人気である理由の一つかもしれません。たとえば、使っていくうちに消耗していくiPhoneのバッテリーは、こちらのiPhone修理店へ持っていけばすぐに交換してくれますし、困ったときにすぐ頼める修理店があるのは安心です ⇒ iPhone バッテリー

menu

Copyright © 【2021年版】iPhoneを買う際に注意して欲しいポイント, All rights reserved.